サクラM4のボディ

サクラM4走らせてきました。
少し見直しました。
まずギヤ比を適正化。
64ピッチに変更して、ギヤ比を4.3前後まで上げました。
そしてボディをタミヤロードスターに変更。
これで走らせますが、
まともに走りません。
ローづすたーボディの重心が高く、フラフラです。
ストレートはそこそこ速いのですが、ラップタイムはタミチャレGTより遅いです。
このタイムでは話にならないので、ボディをライドのBRZに変更。
これで重心が一気に下がり、ラップタイムも速くなりました。
やはりタミヤボディでは重心が高くちゃんと走るのは難しそうです。
そのラップタイムも、XM1Sと比べると遅いです。
やはりキットが安いので、走りの性能は若干低いのかもしれません。
細かいところをもう少し詰めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です