やっぱり難しい

TA07走らせてきました。
久々に近くのインドアサーキットに行きました。
コースレイアウトがガラッと変わっていました。
かなりテクニカルです。
そこでカーペット仕様のTA07を走らせます。
細粒アスファルトで、粗面グリップは普通。
そこに前後スプール、リアトーイン0度で挑みましたが、

さすがにちょっと厳しいです。

全開の外周区間は確実に速いです。
その代わり、インフィールドが厳しい。
ラフな操作で簡単にテールが出ます。
慣れてくると、一発タイムは出ます。
ですがアベレージがバラバラ。
レースレベルでは使えません。
そこにリアデフを投入。
これでかなりラクになりましたが、まだ厳しい。
さらにリアトーインを1度にします。
これでかなり安定して、アベレージもそこそこ揃いました。
インフィールドを攻められない車ではタイム出ません。
通常のグリップレベルのコースでは、やはり安定したリアが必要になります。
前後スプール&リアトーイン0度はハイグリップ又は超ハイスピードトラック用ですね。
全開率が高いコースなら、確実にアドバンテージがあります。

しかし久々に行きましたが、コース難易度が高すぎる気がします。
インフィールドは超テクニカルで、コース幅もミニッツコース並の狭さです。
しかも少しミスるとパイロンジャンプしてコンクリブロック一直線。
インフィールドで後ろから速い車が来ても、ライン譲れません。
タミチャレGT上級者にはちょうどいい気がしますが、初心者には辛いです。
現状のレイアウトでは、タミチャレGTで11秒台中盤くらい。
でもあのコースの大きさなら、1周9秒台くらいのレイアウトが適正だと思います。
もっと初心者に優しいレイアウトにして、一度決めたらある程度長期間使ったほうがいいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です