ARSの練習

T4走らせてきました。
ARS仕様で走り込みます。
ボディはドックスボロックス。
ARSはやや攻めのセッティング。
リアトーイン1.5度で、フルボトムで1度まで減るバンプアウト設定。
独特の癖がありますが、コーナーは気持ちよく曲がれます。
だからと言ってARSで速く走れるわけではありません。
ARSはコーナースピードが上がりますが、それで簡単にタイムが詰まる魔法のアイテムではありません。
メリットもあれば、デメリットもあります。
今の私の腕レベルなら、ARSを使わないほうが速いでしょう。
ARSはリアのトーイン変化を利用して、リアタイヤでも曲げられるようにするアイテムです。
その旋回スピードは魅力ですが、一定の旋回が出来ないというデメリットがあります。
リアタイヤは、コーナリング時の軸になります。
ARSを使うと、その軸が動きます。
芯がブレるコンパスで円を描くようなものです。
綺麗な円は描けません。
その結果コーナリングのラインが一定しません。
独特の不安定感があります。
今日1日走り込みましたが、ARSを利用したタイムアップは感じられませんでした。
逆に低いタイムレベルで一定してしまいました。
まだARSに振り回されています。
私がARSを使うと、アベレージが安定しません。
タイムのばらつきが大きく、ミスした際に大きくタイムを落とします。
リズムが狂いやすいです。
そしてリズムが一旦乱れると、それを取り戻すのに時間が掛かります。
結果として大きなタイムロスになります。
今なら、ARSを使わないほうが安定したタイムが出せるでしょう。
特に5分のレースタイムなら、ARS無しのほうが確実に速いはずです。
それでも私は今後しばらくはARSを使うつもりです。
やはりリヤタイヤでも曲げられるのは大きなメリットです。
以前はデメリットを強く感じて嫌っていましたが、今なら扱えるようになれそうな手ごたえがあります。
しばらくARSの練習を続けます。
これが扱えるようになれば、他にもいろいろメリットがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です