KVオーバー並みの速さ

TA07走らせてきました。
ハイグリップカーペットでは前後スプールにリアトーイン0度です。
これでもARS練習の効果がありました。
リアにスプールを入れて、しかもトーイン0度。
それなりにナーバスな動きをします。
ですがARSの動きに慣れると、ナーバスに感じません。
リアの旋回軸が動くARSとの比較なら、ノーマルサスにトーイン0度のほうが穏やかです。
旋回軸が動かないだけで、とてもマイルドに感じます。
タミチャレGTは絶対スピードが低く、挙動がマイルドで、しかもハイグリップ路面。
インフィールドでも普通に走れます。
そうなると前後スプールにトーイン0度のメリットが浮かび上がります。
タミチャレGTは全開率がとても高いです。
前後スプールで駆動系は軽く、立ち上がりのトラクションは強烈です。
しかもトーイン0度なので、走行抵抗が少ないです。
全開区間のスピードが明らかに速いです。
同じタミチャレGT仕様の車を、ストレートで軽く抜けます。
傍から見れば、確実にKVオーバーしているようなスピードが出ます。
全開区間が長いサーキットでは、確実に武器になります。
もちろん挙動がシビアになり、インフィールドでタイムロスする場合もあります。
でも多少のロスなら、全開区間で取り返せます。
ある程度安定して走れれば、ストレートの速さは大きな武器になります。
普段タミチャレGT仕様で走っている方であれば、試してみる価値はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です