AMZテコ入れ

まともに走らず、トラブル起こしたAMZをバラします。
ギヤの噛み合いが悪いのは、バックラッシュが適切でなかったようです。
前後デフにシムを入れて調整したら、スムーズに回るようになりました。
そしてESCの設定。
調べると、GLレーシングのESCと共通のようです。
そこでGLレーシングのサイトで調べたら、ESC設定の方法がありました。
これでESCを設定して、モーター配線も直します。
硬かったスプリングは、ミニッツAWD用のソフトスプリングに変更しました。
あとアトミックのポリカボディはかなりワイドだったので、ボディはウォーリア用を載せました。
これで走らせます。
ガラッと変わりました。
気持ちよく走れます。
ブラシレスらしく、よく転がるようになりました。
ステアリングの舵角も増やしたので、よく曲がります。
ブレーキ設定を弱くしたら、いい感じになりました。
コーナーでブレーキを使って曲げられます。
本当にツーリングの練習になります。
タイヤは前後ラジアルで、リアにワイドを履かせました。
ミニッツサイズはこの組み合わせが良く、安定して走れます。
でもこれだとツーリングらしさが薄れます。
そこでリアもナローにしました。
これで軽快感が若干増して、、ツーリングらしくなりました。
この組み合わせでしばらく走っていたら、ぎくしゃくした動きが出るようになりました。
センサーレス特有の動きかなあと思っていましたが、しばらくしたら右コーナーで曲がれなくなりました。
調べると、左フロントタイヤのジャダーがひどく、きちんと回っていません。
原因を調べたら、アルミのドッグボーンが摩耗して壊れていました。
この車のユニバーサルシャフトは全てアルミ製です。
ブラシレスのパワーに耐えられるだろうとは思っていましたが、もっとも負荷の掛かる左フロントが早々にダメになりました。
フロントユニバはスチール製を入れる必要がありそうです。
ですが純正品の調達は時間が掛かります。
互換出来るパーツがあるかどうか調べます。
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です