動画撮影に挑戦

TA07走らせてきました。
近所のインドアサーキットです。
ここでは前後スプールとリアトーイン0度は使えません。
リアはギヤデフに戻し、リアトーイン1度で走らせます。
ただそれでも、リアが軽いです。
この軽さを活かして走るより、安定感を出して確実に握ったほうが速そうです。
そこでリアトーイン2度にしたら、狙い通りになりました。
最初の2,3周は安定しませんが、それ以降は安定して走れます。

最近、動画サイトでRC関連の動画が多いです。
プロの方も居れば、個人の方も多いです。
そんな動画が結構人気です。
私は動画に関してはさほど興味がなかったのですが、食わず嫌いはダメだと思って必要機材を調達しました。
その機材が揃ったので、自分の走りを動画撮影しました。
最初は亜k布良の使い方やセッティングが悪かったのできちんと撮れませんでしたが、何度かテストした後に走行動画が撮れるようになりました。
そしてその動画を見たのですが、

思った以上に酷いものでした。

自分がプロポを持って走っているときは、気付きません。
リズムに乗って気持ちよく走れていると、それなりの走りが出来ているのだと思っていました。
ですがそう思っていた走りを動画でチェックすると、とても酷いです。
ラインは安定せず、ブレまくり。
無駄が多く、粗が目立ちます。
こんな走りでそれなりに満足していた自分が恥ずかしくなります。
動画撮影が出来るように離れたものの、それをネット上にアップする勇気がありません。
ここまで酷い走りを公開する自信がありません。
ただそれでも、動画を見返すことで分かることがあるのは収穫でした。
動画撮影機材も一応使っていこうと思っています。
ひょっとしたら気まぐれで、動画をアップすることがあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です