ボディの低重心化

現在のツーリングは低重心化がどんどん進んでいます。
T4が始めたショートダンパーは今ではほぼ全メーカーが採用。
XRAYやヨコモはさらにダンパーを短くしています。
オーソマやサーパントのように特殊なサスで超低重心にしている車も活躍しています。
それに合わせてボディの低重心化も進んでいます。
ボディ重量を軽くするのはもちろんですが、マウント位置も下がっています。
現在大人気のZooボディとLTC-Rを比較すると、一目瞭然です。
Zooの高さは、フロントがLTC-Rより2段下。
リアは1段下になっています。
ショートダンパーの恩恵があるので、ボンネットはどんどん低くなっています。
そして驚きなのが、リアも下がっていること。
レース用ツーリングボディの場合、リアはある程度の高さが必要でした。
ウィングの効果が得られる中高速コーナーはいいんですが、低速コーナーが問題になります。
リアが低いボディだとロール量が減り、低速コーナーのリアグリップが得られません。
それが常識でしたが、最近のツーリングは開発が進み、リアが低いボディでも十分にグリップします。
Zooを使うと、リアの低さに驚きます。
ツーリングボディの場合、フロントはギリギリまで高さを低くします。
その結果、フェンダー内側とフロントタイヤが若干干渉します。
ボディの裏側をチェックすると、フロントフェンダー部分はタイヤが干渉した黒い跡が付き、塗装が少し剥がれる場合もあります。
そこまで下げるのが、正しいマウント方法です。
フロントはLTC-R時代からそれが常識でしたが、Zooヘルキャットは驚きました。
当然ですがフロントはタイヤが干渉した跡が付いています。
そしてリアもタイヤが干渉した跡があります。
今のボディはそこまで下がっています。
それを考慮したセッティングが必要なのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です