ARSのロッド長

T4走らせてきました。
ARSのセッティングを変えてみました。
T4のARSの場合、ロッドのピボッド位置は何か所か選択可能です。
ですが実際にはシャーシ側もナックル側もほぼ固定です。
そこでナックル側を内穴にしてみました。
これでトー変化は若干大きくなるはずです。
それで走ってみたのですが、

ARSに慣れたのでしょうか、かなりマイルドに感じます。

ナックル側が内穴になると、バンプアウトが大きくなります。
ですがそれと同時に、ロッドが長くなります。
ロッドが長くなるとトー変化量が減り、マイルドになります。
内穴にしてアグレッシブさを狙ったのですが、同時にロッドが長くなることで逆にマイルドになってしまいました。
それを受け、今度はロッドを短くしてみます。
これでもトー変化量は大きくなります。
ですが逆にアンダーが強くなりました。
ロッドが短くなると、バンプトーアウト色が弱くなります。
T4のARSに関しては、標準のロッド長とロッド位置がベストのようです。
それ以外の選択肢はありますが、メリットを得るのが難しいようです。
この日は晴天で気温が高く、風通しを良くするために扉が解放されていました。
それで真夏でも過ごしやすかったのですが、路面はサラサラです。
ある程度のハイグリップ想定のセッティングが見事に外れました。
タイムはとても遅かったです。
次は低い路面グリップを見越してのセッティングに変更です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です