ブッシュ式サスマウント

タミヤの新製品で、ブッシュ式サスマウントが発売になります。
タミヤもようやくといった感じです。
まず基本はXB、A、Eをラインナップ。
ブッシュで高さと幅を5段階に調整可能。
XBはXDからX。
AはXAからC。
EはCからG。
これできめ細かな調整が可能です。
私が現在使っているTA07で揃えるなら、オールAでしょう。
これで十分な調整幅が確保出来ます。
さらに高さも5段階調整可能。
サスピンの高さやスキッドも簡単に付けられるので、セッティング幅が拡大します。
これは絶対に買いのパーツでしょう。

気になるのは、サスがスムーズに動くかどうか。
従来型はサスボールでもピンがスムーズの動くような設計でした。
これがブッシュ式になると、ブッシュでピンが軽く固定されます。
サスの動作はサスアームとサスアームピンの摩擦でのみ動きます。
サスアームによっては、リーマーを通す必要が出てくるでしょう。
あと気になるのが、トーイン付きのリアアップライト。
これ必要になります?
ブッシュ式でも従来型と同じセッティング幅が確保されています。
アップライトでトーイン付ける必要ないと思うのですが?
あとアップライトでトーインを付けると、ホイールベースが狂います。
現在はサスブロックでトーインを付けているので、上から見るとリアサスアームが逆ハの字になり、ホイールベースが短くなります。
昔のツーリングのホイールベースは260ミリでしたが、現在は257ミリです。
これをサスピンを真っ直ぐにしてアップライトでトーイン付けると、ホイールベースが伸びます。
高額パーツの割にはデメリットが多いような気がします。
トーイン付きアルミアップライトは見送るつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です