BLITZの新ボディ

BLITZはプロトフォーム以上に多種多様なツーリングボディをリリースしています。
種類だけならBLITZはとても多いです。
歴史も長いですが、メジャーになり切れないブランドでもあります。
現在は超軽量ボディが主流ですが、BLITZはいち早く超軽量ボディをリリースしていました。
ハイグリップサーキットでは、その恩恵を受けていました。

ですが最近のBLITZはやや元気がないように見えます。
先日も新ボディを発表しましたが、どこかで見たことある形状。
Zooの劣化コピーのようです。
その前はモンテックレーサーによく似たボディを発表してリリースしていました。
この現状は後手後手に回っているように見えます。
現時点でZooのコピーを発表するようでは遅いです。
コピーがオリジナルを上回ることもありますが、どうもそうには見えません。
プロトフォームツーリスモは、死ぬほどカッコ悪いボディです。
それでも惹かれるものがあり、私は買いました。
最近のBLITZには、それがありません。
新製品を見ても、
『あ、これはスルーしよう』
と思っちゃいます。
既存のコピーのような守りのボディではなく。オリジナリティの強い攻めたボディが必要だと思います。
空力をある程度考慮した、超低重心でスタイリッシュなUSGT超軽量ボディ等があれば人気が出そうな気がします。
USGTの超軽量はレースでは使えませんが、スタイリッシュで良く走るボディの需要は必ずあります。
特に現状のレース用ボディは4ドアセダン規定が害悪になっているので、それにこだわらないボディがあってもいいとは個人的に思います。
そんなボディが出せるのは、BLITZくらいではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です