DDは難しい

F103走らせてきました。
最高速アタック用に使っていたのを組み換え。
モーターを手持ちの21.5にして、ギヤ比を合わせました。
ESCもホビーウィングのジャストックに変更。
タイヤもサーキット用に変更。
ボディはレスポンスGT1のまま。
これで走らせました。

どうしようもなく遅いです。

21.5のスポンジF1は、13.5ツーリングより速いです。
13.5ツーリングでは10秒フラットが出ました。
ですがスポンジF1は頑張っても11秒フラットが限界。
どうしようもなくコーナーが遅いです。
あと加速も悪い。
スピードが出ていません。
モーターのトルクが足らない感じです。
あとレスポンスGT1ボディも悪さをしている感じです。
空力性能は良くても、ボディ自体が重すぎます。
さらにバッテリーもダメだったようです。
バッテリーは最高速アタック用のフルサイズのまま。
サーキット走行ではフルサイズは重過ぎるようです。
とにかくサーキットで速く走るには、大幅な仕様変更が必要です。
仕様変更のためにパーツを調達して組み換えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です