スポンジは無理

F103走らせてきました。
前回レスポンスGT1載せて不発だったので、F1ボディ載せました。
さらにバッテリーを1セルサイズにして軽量化。
モーターもトルク型に変更。
これで走らせます。
モーター変更の恩恵は大きく、明らかにストレートが速くなりました。
ベストラップもコンマ5秒ほど詰まりました。
ですがアベレージが安定しません。
ベストラップとの差がコンマ5秒ほどあるので、話になりません。
あと困ったのが、タイヤが簡単に欠けてしまいます。
特にフロントタイヤは1パック持たずに欠けます。
それを店長に相談したら、
『タイヤ滑らせると欠けるよ』
とのこと。
私は基本ツーリングなので、アンダー気味を好みます。
F103も弱アンダーです。
弱アンダーの場合、フロントタイヤは若干こじります。
ハイグリップカーペットでスポンジタイヤの場合は、こじらせるのは絶対NGらしいです。
それを聞いて、私はカーペットでスポンジタイヤを走らせるのは絶対無理だと思いました。
私にとってこじるNGはハードル高すぎです。
スポンジタイヤは屋外アスファルトで走らせようと思いました。
インドアカーペットはラバータイヤ専用にします。
そもそもF1とツーリングを持ち込むと、ハンドリングが違い過ぎて人間が混乱します。
交互に走らせると、最初の2周くらいはリズムが掴めないのでタイムガタ落ちです。
スポンジタイヤと比較すると、ラバータイヤはラクですね。
F1を速く走らせる自信は全くなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です