MIDの特性

現在のツーリングは空前絶後のMIDモーターブームです。
各社ハイエンドの大半が純正又は社外のMIDモーター仕様があります。
ハイエンドでMIDモーターが無いのはタミヤと京商くらいでは?
各メーカーがMID仕様を出しまくっています。
ではその大ブームのMID仕様ですが、どんな特性になるのでしょうか?
これまでMIDのハイエンドはほとんど無かったので、知らない人も多いと思います。
従来のリアモーターと比べると、どう変わるのでしょうか?
『MIDはフロント加重が増えるから、より曲がるようになる』
と思っている人は、MIDで苦労すると思います。
『MIDは曲がらなくなるからいいイメージが無い』
と思っている人は、大丈夫だと思います。
MID仕様はリアモーターより曲がらなくなります。
原因はフロントタイヤの荷重が増えるから。
フロントタイヤへの荷重は、リアモーター仕様がベストと言えます。
MIDモーターではフロント加重が増えるので、フロントタイヤの仕事量が増えます。
その結果、よく言えばマイルド、悪く言えばダルな特性になります。
リアモーターのような機敏なハンドリング特性は失われます。
リアモーターでもフロントタイヤへの負担が大きいドライビングスタイルの方はいろいろ大変だと思います。
私もそんな一人です。
そしてリアタイヤは加重が減り、りアタイヤの限界が下がります。
リアの安定感は減り、若干軽くなる感覚になります。
リアモーターと比較すると、フロントは動きが鈍くなり、リアは限界が下がります。
これだけ聞くと、メリットが無いように思えます。
実はそれが正解です。
MIDモーターはハイエンドツーリングに適したレイアウトではありません。
もしMIDモーターが最適のレイアウトであれば、現在のツーリングはMIDモーターが主流になっています。
MIDモーターはバランスが悪いレイアウトとも言えます。

ではなぜ現在はMIDブームなのでしょうか?
その理由は開発が進み、新たな問題が浮上しているからです。
現在のツーリングは低重心化が加速しています。
そしてボディの開発が急速に進み、ハンドリングが劇的に向上しています。
現在のリアモーターに最新ボディを組み合わせると、
『フロント動き過ぎ、リア安定し過ぎ』
のように感じられます。
特にフロント動き過ぎはピーキーな特性になり、操縦が難しくなります。
特定のボディではピーキー過ぎるので若干マイルドな特性のボディを使っている方。
意図的に曲がらないアンダー方向にセッティングしている方。
そんな方々にはMIDモーターはおすすめです。
フロントがいい感じにマイルドになるので、ピーキーなボディやセッティングが使えるようになります。
そしてリア安定し過ぎの問題。
ツーリングはフロントタイヤのみで曲がっているわけではありません。
フロントタイヤが入り、リアタイヤも適度に逃げるのが扱いやすい車になります。
ですが今のハイダウンフォースボディはリアタイヤが全く逃げません。
リアがビタッと張り付き過ぎてしまい。軽快に動きません。
これもMIDモーターなら、リアタイヤ加重が減るので適度に逃げてくれます。
リアモーターに最新ハイダウンフォースボディの組み合わせは、若干バランスが悪いです。
それをMIDモーターにすることで、帳尻を合わせるイメージです。
つまりMIDモーターには最新ハイダウンフォースボディの組み合わせが必須と言えます。

ただそれでも問題はあります。
まだMIDモーター仕様の開発はそこまで進んでいません。
インドアサーキット等のハイグリップ路面ならよく走ります。
これが屋外サーキット等のグリップが低い路面では苦労しています。
やはりハイエンドツーリングでは、リアが安定しないと速く走れません。
低グリップ路面でもビタッと安定するリアが欲しいです。
海外ではそんなMIDモーターの車が大活躍しています。
日本ではMIDモーターはやや苦労しています。
この辺りの開発が進めば、MIDモーターのアドバンテージは確固たるものになると思います。

MIDモーターはリアモーターと比べると、フロントの動きがマイルドになります。
さらに.リアが軽くなります。
バランスは悪いです。
MIDモーターの特性を知らない方は、まずそれを理解することをおすすめします。
フロント荷重が増えてより曲がるようになるということはありません。
そう思っている方は、MIDでは苦労すると思います。
『良く曲がる=タイムが詰まる』
という訳ではありません。
逆に曲がらないほうがタイムが詰まるのは、珍しいことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です