リアトーゼロの違い

T4走らせてきました。
久々のT4です。
社外パーツを調達して、リアを完全なトーゼロにしました。
インナーサスピンが平行になるので、リアアップライト0度でもトーゼロになります。
これで走らせます。
路面は前日のレース明けでやや喰わない感じ。
その状況でリアトーゼロは厳しいです。
やはりリアが軽い。
ちょっとの操作ミスで大きくラインがブレてタイムロスになります。
ベストラップも悪く、アベレージも揃いません。
このままではダメだと思い、思いっきりセッティング変更。
まずリアの安定感を出すため、リアのサスブロックをノーマルに戻します。
トーイン1度のリアアップライトを左右逆に組んだトーゼロ仕様に組み替えます。
さらにロアアームをアルミ製に変更。
かなりギャンブルっぽい変更でしたが、これが当たりました。
特にアルミロアアームの効果が大きかったです。
通常はグリップが高すぎて遅くなるのですが、リアトーゼロではちょうどいい感じです。
グリップ感が増して安定して走れるようになりました。
これからしばらくはアルミロアアームでセッティングを詰めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です