T4 2020詳報

T4 2020の詳しい仕様が大体分かりました。

・新設計ロアデッキ&アッパーデッキ ロアデッキはグラファイト、アルミ、アルミフレックスの3種類
・新設計ベルト 前後ベルト等長 MIDモーター確定
・新設計モーターマウント
・新設計ロングロアアーム 従来品より7ミリロング化 これまで左右共通だったのが、左右別パーツ化
・新設計前後ダンパーステー
・新設計アッパーバルク
・新設計ロアバルク バルク幅は従来より1ミリナロー化
・新設計スタビライザー スタビ位置を低くして低重心化
・新設計サスマウント ロングアームに対応

とりあえず分かっているのはこれくらいです。
ロアアームがロング化され、左右別パーツになります。
さらにダンパーステーも新規になります。
これはロアアームのダンパーピボッド位置を中心から下げ、より低重心化を狙っている可能性があります。
ロングアーム化により、バルク幅も狭くなります。
ですがフロントスプール及びリアギヤデフは共通。
そのため1ミリのナロー化にとどまります。
これまでのモデルでも十分に幅が狭いと思っていましたが、さらにナロー化します。
それに合わせて前後バルクも新規です。
大きく変わるのはロアバルクで、スタビホルダー位置がより低くなります。
スタビはアッパーアームとドライブシャフトの間を通っていましたが、ロアアームとドライブシャフトの間を通るようになります。
そして噂通りのMIDモーター化。
それに合わせてロアデッキ、アッパーデッキも新規です。
当然ですがモーターマウントも新規になります。

2019と比較すると、フルモデルチェンジに近い変更です。
共通品はCハブとナックル、リアアップライト。
前後ドライブシャフトにフロントスプールにリアギヤデフ。
ステアリング回りも共通っぽいですが、ここは新規になる場合もあります。
ボディマウントは共通ですが、ロアバルクの形状が大きく変わるので、フロントバンパーも変わりそうです。
あとアルマイト色がオレンジから黒になるという情報もありますが、これは不明です。
試作プロトは黒アルマイトでしたが、製品版はオレンジアルマイトになる場合も高いでしょう。

ここまで変わると欲しくなります。
ただ私がMID.モーターに馴染めるかどうかは依然として不明です。
とりあえずゼロトライブのMIDコンバで練習するつもりです。
それでMIDに馴染めるようになり、2020モデルが良さそうなら買うかもしれません。
やはり新製品はワクワクしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です