噂の組み合わせ

T4走らせてきました。
ボディをツーリスモからドックスボロックスに戻しました。
ツーリスモの性能に不満があったわけではありません。
性能は申し分ないのですが、やはり見た目が悪いです。
見た目が悪いボディで走るのはテンションが下がります。
ドックスも決して見た目がいいとは言えませんが、ツーリスモよりは遥かにマシです。
さらに風の噂で、
『ドックスにヘルキャットウィングの組み合わせがいい』
と聞きました。
それも試しました。
ドックス新品を調達して、RC-MISSIONのヘルキャットウィングを付けました。
ウィングには互換性があり。ポン付けです。
これで走らせました。

確かにいいです。

ドックスは鋭い旋回性が持ち味でしたが、ややピーキーすぎる面があります。
そのピーキーさが消えました。
鋭く曲がりつつ、リアの安定感が増しました。
ややダルなヘルキャットとは異なる感じです。
ちょうどドックスとヘルキャットの中間みたいな感じになりました。
これは好みがあるでしょうが、私は好きです。
安定感が増したので、アベレージも揃いました。
あとは全体のペース底上げですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です