タイヤの使い方

以前にもこのテーマで書いたと思いますが、改めておさらいです。
ツーリングに限らず、タイヤの使い方は重要です。
意外と多いのが、コーナーをガンガン攻めてコーナリングスピードを高めようとするタイプです。
ですがこの走り方だと、タイムはさほど速くありません。
私は依然、カーペットコースでボランテ28Rを使ったことがあります。
ボランテ28RはETSカーペットコースでのコントロールタイヤです。
ストックはもちろん、モデでも使えるタイヤです。
中古タイヤでしたが、どんなグリップをするのか興味がありましたが、

コーナーで全くグリップしません。

コーナー進入スピードが少しでも高いと、スピンモードに入ります。
ストレートでキッチリ減速を終わらせ、コーナーに丁寧に侵入して、ロスなく無駄なく立ち上がる。
そんな走り方が求められます。
横方向のタイヤグリップの余裕が無いので、とにかく操縦が難しかったです。
アベレージもバラバラで揃いません。
このタイヤは使えないと思いました。
ですがベストタイムは、普段使っているハイグリップタイヤと大差ありませんでした。
コーナーは全くと言っていいほど攻められないのですが、タイムは速いです。
丁寧に走ればタイムは出ます。
練習用にはいいかとも思いましたが、日本国内では入手が難しいタイヤなので諦めました。
ですがこの経験で、コーナーは攻めなくてもタイムが出ることが分かりました。
タイヤの横方向のグリップはあまり使わずに、縦方向のグリップを積極的に使う。
こちらのほうが速く走れます。
あとこの走り方が出来れば、タイヤライフが長くなります。
逆にコーナー攻めると遅いです。
コーナー攻めてもタイムはさほど詰まりません。
逆にタイヤを使うのでタイヤライフが短くなります。
タイヤの使い方、走り方は重要です。
ここを見直せば、タイム短縮につながる場合は多いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です