ローマウント

T4走らせてきました。
今回は日本のXRAYジュニアドライバーが良く使っているセッティングを試してみました。
サスブロックの変更です。
T4のサスブロックはノーマルと、ブッシュの高さが低くなるローマウントタイプがあります。
多くの方々は通常タイプを使っています。
私はフロントハローマウント、リアは通常を使っていました。
ですがこのローマウントタイプに関して、少し勘違いをしていました。
フロントとリアのローマウントは微妙に高さが異なると思っていました。
リアのローマウントはノーマルより0.5ミリ低くなります。
それに対しフロントのローマウントはノーマルより0.25ミリ低くなるだけだと思っていました。
フロントのローマウントは微調整で使えますが、リアは変化が大きすぎて使えないと思っていました。
この0.25ミリ低くなるというのは、代理店のセントラルRCに問い合わせたときに回答がソースです。
それを信じていたのですが、ジュニアドライバーは前後ローマウントを使っています。
そこで実際に前後のローマウントを比べてみたのですが、高さは全く同じでした。
ローマウントはフロントもリアと同様、0.5ミリ低くなります。
これならフロントとリアが同じ高さになるので、バランスが狂うことはありません。
そこで前後ローマウントで走ってみましたが、

いい感じです。

車がシャキッと動きます。
晴天で湿度が低かったのですが、路面グリップは比較的良好でした。
それでも雨天時のグリップレベルではなかったですが、それに近いタイムが出ました。
前後ローマウントは使えますね。
セッティングの幅が広がります。

そして待望のMID用アルミシャーシがもうすぐ届きます。
これでようやくT4MIDが組めます。
今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です