組み間違い

シェイクダウンを終え、良く走ったT4MID。
でもやっぱりもう少し曲げたいので、いろいろ調べていました。
そしたらネットの写真と自分の車が微妙に違います。
疑問を感じ、自分の車と説明書をチェック。

私が間違っていました。
アッパーデッキを前後逆に組んでいました。
表裏ではなく、前後逆です。

ピニオン付けにくいなあと思っていましたが、これで原因がはっきりしました。
本来ならその時点で気付くべきですが、T4自体がピニオン付けにくい車なのでこんなもんだろうと思っていました。
そもそもアッパーデッキが前後逆についてしまうなんて思いもしませんでした。
スパーの位置とアッパーデッキ固定ビスの位置関係が完全シンメトリーなんですね。
前後逆でも普通に付きますし、問題なく走ります。
ただし特性はガラリと変わるはずです。
前後逆に組んでいたので、フロントが硬く、逆にリアは柔らかくなっていました。
曲がらないのも当然です。
きちんと組んで走らせないと、本来のポテンシャルが分からないですね。
それは次回確かめます。

ですが前後逆に組んでもトラブルフリーで走り、タイムも良かったです。
アンダー傾向を好むなら、前後逆もありかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です