BittyHYPER着弾

Bittydesignの新作ボディ、HYPERが届きました。
Bittydesignは個人的に好きなボディメーカーです。
レース用ボディの場合、最優先されるのは走行性能です。
いくら見た目が良くても、速くないボディはダメです。
多少見た目が悪くても、快適に走れてタイムが出るボディが好まれます。
最近流行りのZooボディがいい例です。
その造型はもはや4ドアセダンではありません。
見た目も決していいとは言えません。
それでも実際に使うとフィーリングが良く、速いタイムで走れます。
ボディを消耗品として考えるとかなり高額なボディですが、それでも売れます。
私も高額のZooボディをメインに使っています。
ですが正直、見た目はもう少し何とかしたい。
もう少しカッコいいボディが欲しい。
そう思っているユーザーは少なくないと思います。
それに応えてくれるのがBittydesignです。
一世代前のJP8やJP8HRがそうでした。
見た目難ありのボディが多い中、見た目が良かったです。
私もJP8HRは好んで使っていました。
そしてZoo全盛の中、新作のHYPER。
やっぱりカッコいいです。
こんなボディが欲しかったんです。
すぐ予約しました。

そして届いたので現物をチェック。
トレンドはきっちり押さえています。
これは走りそうです。
そして見た目にも気を遣っています。
やはりこの造型になると、4ドアセダンには見えません。
HYPERも4ドアセダンには見えないです。
HYPERは現在の車をモデルにしているようには見えません。
近未来の車のデザインのように見えます。
フォーミュラEやサイバーフォーミュラの世界っぽく見えます。
フロントフェンダーの造型は現在のLMP1のように見えます。
この辺りの処理はCカーっぽいプロトフォームツーリスモとは異なります。

個人的には見た目は文句ありません。
これで走行性能まで良ければ最高ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です